1973年 4月

大洋漁業(株)並びにグループ各社の出資により、千代田コンピューターサービスを設立

1974年 4月

大洋漁業(株)のシステム運用開始

1978年10月

本社事務所を中央区新川東京ダイヤビルに移転

1984年 6月

大洋漁業(株)のシステム開発および保守を開始

1990年 8月

林兼情報システム(株)(山口県下関市)に資本参加

1991年 4月

大洋漁業(株)のシステム企画及び通信業務を開始し、アウトソーシング業務に至る

     10月

林兼情報システム(株)(現:(株)ハイテックシステムズ)の全株式を取得し子会社とする

1995年 1月

社名を千代田コンピューターサービス(株)より、(株)マルハシステムズに変更

2003年 4月

創立30周年

     12月

マルハ(株)と(株)シーエーシーとの戦略パートナーシップ契約のもと、資本参加を受けてCACグループの一員となる
資本構成 シーエーシー(80%)、マルハ(20%)

2008年 4月

マルハニチロ経営統合を機に(株)ニチロ 情報システム部と合流し、社名を(株)CACマルハニチロシステムズに変更

2009年 4月

マルハニチロ事業会社(水産、食品、畜産)のシステム完全統合完了

2014年 4月

マルハニチログループ主要6社統合対応完了
CACグループ持株会社体制へ移行

2016年 11月

資本構成をCAC Holdings(60%)、マルハニチロ(40%)に変更