やっぱり明るい人のほうが話しやすいので、
そういう後輩ができるといいかな。
あ、でもイジられるのは嫌いです(笑)。


2016年入社 工学部機械機能工学科卒

自分が作りたいモノよりお客様の作りたいモノ


 僕は工学部の機械機能工学科を卒業しました。大学では車や電車、船などの設計者を育てるような授業が多くて、卒業生はメーカーの開発とか、鉄道系の会社に行く人も多かったです。僕も最初はメーカーとか鉄道系を回っていたんですが、周りと同じようにというか、自分が何をやりたいというのもなかったので、やっぱりうまくいきませんでした。そんな中、ある情報システム系の会社説明会に行って、SEも面白そうだなと思って。あくまで僕のイメージですけど、メーカーとかに行く人は「自分はこういうものが作りたい」というのが明確にある人で、僕はそういうのがないから、お客様の「こういうシステムが欲しい」「こういうことがやりたい」という要望があって、それを作る方が合っているのかなと思って。機械も情報システムも、「仕組みを作る」というところでは一緒ですし。それからは希望をSEに絞って、大学の就職課で紹介されて当社を訪問し、採用内定をもらいました。

人見知りの僕がシステムを動かす調整役


 専門が機械の設計で、プログラミングの知識はほとんどなかったので、追いつけるかどうか不安もありました。電話応対とか社会人としてのスキルもなかったし、もともと人付き合いや自分から話しかけるのは苦手な方で、1年目だからもっと積極的に聞きに行ったりしなきゃいけないのに黙っていたりして(笑)、それは今も反省です。でも先輩たちから話しかけてくれて、徐々に慣れていって、質問とかもスムーズにできるようになっていきました。それは本当にありがたいです。
 
 新人研修後に一通り説明を受けて、「開発部と運用部とどっちが良い?」と聞かれて、“相手の要望に応える”というところでは運用部の方が要素として大きいのかなと思って、運用部を希望して配属されました。運用部の仕事は、システムを一から作るというわけではないけれど、お客様と開発担当者ともコミュニケーションを取りつつ、必要な機器を手配して、セットアップしたりインフラを組んで、その後もトラブル対応など円滑にシステムを動かしていく重要な役割です。各方面との調整能力が必要で、そこをしっかりこなしていくことに日々やりがいを感じています。

 

明るく、話すのが好きな人に来てほしい


 入社前、試験や面接のときにフロアを見た感じでも、静かすぎず騒がしすぎず、社員も皆それほど固い感じではなかったので、雰囲気がよいかなと思いました。その中でも運用部は静かなほうかな。仕事中は基本的にパソコンに向かっていることが多いので。 僕自身、話すのがあまり得意ではないので、静かな部署でちょうどいいです(笑)。
 
 ただやっぱりこの仕事は、誰とでも話せたり、社交性のある人の方が向いていると思います。特に運用部は出張も多いですし、お客様とも話しますし、ベンダーと呼ばれる協力会社の人とも話して一緒にやっていきますから、喋りが上手いといいんじゃないですかね。そこは個人的にずっと課題でもありますけど、やっぱり明るい人のほうが話しやすいので、そういう後輩ができるといいかな。あ、でもイジられるのは嫌いです(笑)。


他のインタビュー

 

2016年入社 商学部卒

 
この人に任せておけば大丈夫だから」って言われるような人で。私もいつかはそういう存在になりたいかな。  more
 

2016年入社 工学部卒 

 

やっぱり明るい人のほうが話しやすいので、そういう後輩ができるといいかな。あ、でもイジられるのは嫌いです(笑)。  more
  

2015年入社 経営学部卒 

 
「○○に聞いたらだいたい何でも答えてくれる」と言われるような存在になれたらいいな  more
 

2015年入社 文学部

 

経営基盤が安定していることと少人数なのでお互いに協力し合って仕事を進める雰囲気が自分に合っている more
   

2013年入社 情報理工部卒

 

自分の性格に合う合わないという点で会社の風土を見極めることが重要だと思います。  more
   

2012年入社 工学部卒

 
「そんなんじゃ次の面接で落ちちゃうよ!」と叱ってくれて  more
   

2012年入社 商学部卒 

 
若手でも責任のある仕事を任せてもらえることもやりがいになっています more 
   

2011年入社 経済学部卒 

 

学生時代に水産系の会社でアルバイトをしていて この業界の大手であるマルハニチロの存在を知り だんだん興味を持つようになりました more  
   

2011年入社 水産情報経営学部卒

 
マルハニチロの食と安全をシステム面からサポートすることに魅力を感じた more  
   

2009年入社 文学部

 
出来上がったものが商品という形で、コンビニだったりスーパーだったり身近に感じられる場所に現れるので、やりがいがあるかなと。 more